iトレンド・ミニ

iトレンドmini ミニ

itmini05

画像:iトレンドmini本体 (SDカードはイメージです)

時間ごとの来場者数、入館者数をデータ記録できるiトレンドの廉価版登場。 本体の液晶表示部をなくし簡素化。データ記録機能はそのままで価格を抑えたiトレンド・ミニを発売いたします。

SDカードにログ開始時、定刻(毎正時)での通過者数を記録します。


表計算ソフトにてデータを閲覧

時間ごとの来場者数データをメモリーカードに書き出します。 データはテキスト(カンマセパレート)形式ですから、OSを問わずパソコン等で簡単に閲覧、加工できます。 さらに、合計の取り方、データ採取時間、頻度などご希望をヒアリングの上、プログラム*を組みます。 標準プログラムは毎正時(60分間隔)ですが、例えば、「AとBの各通路の朝9:00~夜25:00までの15分毎の合計」など使い方に合わせた設定が可能です。 * プログラム変更はオプションとなります。


mini_sd

操作はシンプル

カウンター前面部に赤いボタンがございます。こちらはログスイッチとなっており、データ収集する際はオンとなります。終了のボタンを押さない場合、24時間のデータが日々書き込まれます。 左部にSDカードスロットがあり、抜き出してPCにてデータをご確認いただけます。※画像スイッチ上部のLEDは現在ケース外付けになっております。(下記参照)


小さな筐体

コンパクトな筐体は設置場所を選びません。(寸法は下記仕様をご確認下さい。) 人を検知するために必要なセンサーからのコード、電源用のアダプターからのコードはサイドからソケットにて差し込むようになっております。大がかりな設置工事を必要としません。 ホコリなどが入らないよう、しっかりカバーするようになっております。普段、稼働中は閉じてご利用ください。


IMG_4635ログLED 

一部改良されました。ログを取っている間はグリーンのLEDがケース外で点灯します。ログLEDが点灯していない場合はメモリーカードが抜けている等の理由で正しくログが取れていません。

iトレンドmini – 寸法図・標準プログラム

iトレンドmini – 標準センサー ・・・通路の両脇に取り付ける必要がございます。

データ・サンプル・・・csv方式でデータを記録していきます。標準プログラムの場合です。
◆出入口1か所 、入退場別の記録

inout_excel

方向識別型センサーを1セット使用し、データを採取。1時間ごとの入場者数、累計、退場者数、推定滞在者数を記録していきます。

※方向識別型センサーはオプションとなります。


◆出入口2か所、入退場の区別なしの記録

total_2aisle_excel

標準センサーを2セット使用し、データを採取。2通路の通過者の累計、2通路の合計と1時間ごとの2通路計を 記録していきます。

※2通路めの追加センサー等はオプションとなります。

商品内容・価格
  • iトレンドミニ本体(標準プログラム仕様)
  • アダプター
  • 長距離or短距離用センサー(ご発注の際お選びいただきます)
  • 取扱説明書

1通路分のセンサーがついて、現在 180,000円(本体価格 税別)にて販売中です。

複数路に合わせたセンサーの追加や、方向識別センサー等オプションに関しましてはお見積りさせていただきます。
また弊社では設置工事もお請けしておりますので、お気軽にご相談ください。

 


● プログラムを組んだ時のデータ参考例等につきまして詳細はお問い合わせください。

● iトレンドミニはレンタル対応機種です。短期間でのご利用の際は、ご検討ください。レンタル紹介ページはこちら

Copyright(c) 2010-2015 SCANMATIC Marketing Co,.LTD All Rights Reserved. Designed by o2BusinessTheme